So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2019年をふりかえって [ご挨拶]

早いもので、2019年も間もなく終わります。
恒例となりましたが今年1年を振り返ってみます。

今年はライブに3回行くことができました。
Rei、LOVE PSYCHEDELICO、GLIM SPANKYです。結構早い整理番号をゲットできましたので目の前で見ることができて感激でした。初めて行ったGLIM SPANKYも普段とは違った趣向のライブでしたので、プレミアム感があって楽しめました。

秋にはOB演奏会に出演することができました。今年でもう4回目です。
演奏は皆さんに今までで一番良かったと言っていただき、毎日の練習の成果が出せたと思います。完璧な演奏ではなかったですが、自分でも満足できる演奏でした。

今年一番大きな出来事は引越しです。
引越しをする数か月前から断捨離を実行!リサイクルショップをフルに活用しました。
新居は明るくて、暖かく快適です。
今までの家は古くて隙間風で寒いし、湿気は多いし、更にはシロアリにやられてボロボロでした。こんな家では病気もよくはならないよなと思うほどでした。

体調面では、つい先日ですが引越しの疲れから躁状態になり1週間仕事を休みました。ただ、1週間後には復帰でき、今までと変わりなく働けています。これは我ながら大きな進歩だと思います。


ブログの更新はなかなかできませんが、こんな稚拙なブログでもアクセスしてくださる読者の方々には感謝しかありません。

今年も1年間本当にありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えください[ぴかぴか(新しい)]

nice!(0)  コメント(0) 

1週間でリカバリー [躁うつ病・うつ病]

調子を崩して1週間の療養を終えて、無事リカバリーできました。
1週間で仕事に復帰できたのは早期に対処できたからだと思います。

先日の診察時に入院中にお世話になった看護師さんに会ったのですが、
「調子を崩して1週間で戻すのはすごいこと。調子崩して入院になったり、もうこのままでいいやって思って仕事にも行かなくなったりする患者さんも多い中、自分で病気に立ち向かっていることはすごいと思う。看護師として自分はうれしいよ」と仰っていただきました。

自分では早期職場復帰が当たり前のことと認識していたのですが、すごいことだと言っていただけたことで自信になりました。
自分がやっていることは間違いじゃないんだと確信できました。

調子を崩して休まなければいけなくなった時、いかに短期間で復帰できるかが長く勤めるうえで大事だと思います。早期に対処することで最短の休みでリカバリーできると思います。

そのためには自分の状態をよく知る事、主治医にすぐに相談すること、機会があれば看護師さんの力も借りることで短期間でのリカバリーにつながると思います。
また、無理して仕事に行くのではなく、思い切って休むことも大事だと思います。

今回、主治医の助言通り1週間の療養をしてよかったと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

1週間の休養 [躁うつ病・うつ病]

時間が経つのは早いもので、1週間の休養を頂いてからもう5日も経過しました。
週の最初の方は頓服を1日に3回ほど服用しないと調子が悪く、瞼の痙攣・片頭痛が治まりませんでした。中途覚醒・早朝覚醒もありました。

私の病状は睡眠のリズムが崩れると悪化しますので、とにかく睡眠をとることが療養だと思ってここ2~3日は何もせずにただひたすら眠ることに専念しました。
そのせいか、今朝は久々に頓服を服用せずに済んでいます。

今回のように、自分で病状の悪化に気づいて早めに対処することで休みの期間も短くて済みますし、体も気持ちもそのほうが楽になります。

体調が悪い中で薬を飲みながら仕事をしてもよいパフォーマンスが発揮できないので、会社にも迷惑をかけることになりますし、自分もきついです。

私が以前の記事でも繰り返しセルフコントロールが大事と言っているのはこういう時の事です。
自分で自分の病状を把握することが長期休養にしないために大事なことです。

決して無理をせず、早めの対処ができるようになると働きやすくなります。

あと2日、しっかり療養します!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

躁状態 [躁うつ病・うつ病]

皆様、お久しぶりです。
もう、12月も中旬になってしまいましたね。
このブログも長らく更新できずに申し訳ありません。

さて、今日は久々に躁転しています。
実は最近引越しをしたばかりなのですが、連日仕事から帰ってから深夜まで荷造りをしたり、休みの日はすべて業者との連絡や打ち合わせでつぶれていました。

そしてついに引越し当日を境に不眠に陥り、私の躁状態の症状である瞼の痙攣・片頭痛・不眠(中途覚醒・早朝覚醒)が現れました。

引越しをして環境が変わり、寝床も変わり、加えて連日の疲れがピークに達したものだと思います。

頓服を服用しながら仕事をしていましたが、それも限界がきて先日早退させて頂きました。
ちょうど土日だったので病院が休診で診察に行けず、昨日月曜日に主治医に連絡をして急遽診察をして頂きました。

主治医からは「入院」を打診されましたが、それだけは避けたいとお断りしました。
それなら、仕事は1週間くらい休んだほうがいいとの見解でした。
薬の量を調整して、1週間後に再診となりました。

処方
寝る前
ジプレキサ5㎎×2錠、ブロチゾラム0.25㎎×1

不眠時 追加眠剤として
ヒルナミン5㎎×1

頓服
ジプレキサザイディス5㎎×1
ジプレキサザイディスがが足りなくなったら、ジプレキサ5㎎を頓服として服用



今までの私なら1週間も休むことなんか考えられず、頓服を使いながら出勤しようとしていたと思います。
しかし、私は障害者雇用なので無理することもないなと考え、「こんなことがあるから障害者雇用なんだ」と考えを改めました。

診察から帰宅後に、即上司に相談して1週間欠勤させていただくこととなりました。
上司からは、「体が第一なので無理なさらないでください、一旦1週間としておきますが、状況を見て長引きそうなら延長も可能ですからお大事に療養なさってください」とありがたいお言葉を頂きました。

本当に理解のある職場でありがたいです。感謝しかありません。
しっかり療養して1週間後に元気に出勤できるようにしたいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

お知らせ [ご挨拶]

この度、so-netブログがss-blogへと移行しました。
つきましては、ドメインが変更となりました。
ブックマークの登録変更をお願いいたします。

新しいURLはこちらです。
 ↓ ↓
https://kudochan.blog.ss-blog.jp/


今後とも本ブログをよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。